再生塗装とは?

リグレーズ工法による風呂の再生塗装はこんな問題を克服しました。
水の持つ力のうち溶解力と浸透力が塗膜の膨れ、剥がれの一番大きな要因です。
綺麗に仕上がってもこれに対する対応が不十分ですと膨れがはじまります。

剥がれないワケ:水の溶解力・浸透力を克服。

その1 妥協のない下地作り:最も重要な作業
洗剤で汚れを落とし、ペーパーでこすった程度では大抵剥がれます。作業の大半はこの足付け作業に費やします。妥協は絶対禁物です。 
その2 驚異の密着力を持つベースコート
ホーク社のベースコート・ウルトラグリップ4000はその名の如く驚異の密着力を持ち、下地と一体化し剥がれない塗膜を形成します。リグレーズ工業会は技術の研鑽と水周りに最適の塗料により剥がれない浴槽・浴室再生塗装をご提供しています。

輝きのヒミツ

トップコートはホーク社のグラステック9200です。これは樹脂の含有量が多い塗料で強度が高く、硬化の過程で塗膜表面に透明な樹脂層を形成する性格を持つのが特徴です。この高濃度な透明感のある樹脂層が高光沢を実現しました。これは4Hの高度を持ち、耐温水性・耐紫外線性・耐薬品性・強い付着力を持ち、水廻り用塗料として最適の性能を備えています。 当社の浴槽・浴室再生塗装は水廻り専用塗料Reglaze(リグレーズ)と特殊機器を用いて吹き付け塗装をしリニューアルする工法です。
リグレーズ工法とは、米国を代表する塗料メーカー、ホーク・リサーチ・ラボラトリーズ社の厳選された製品群を中心として構築された浴槽・浴室再生塗装技術です。 リグレーズ工法は、技術認定を受けた全国リグレーズ工業会会員のみが取り扱います。

本場米国では浴槽・浴室塗装はごく一般に行われているリニューアル法ですが、日本ではまだ知らない方も多く認知度の低い工法と言えるかもしれません。高い技術と優れた物性を持つ塗料によりリグレーズ工業会は日本の環境に耐える浴槽・浴室再生塗装を提供しています。関心を持っていただければ幸いです。